尾長三つ巴 聖徳太子御廟所上ノ太子 叡福寺

ご案内

幼少時の太子

叡福寺と聖徳太子

聖徳太子自らが廟地と選定した磯長廟を守る叡福寺は、推古天皇30年(622年)、太子の母、間人太后の眠る御廟に、太子と妃の大郎女が合葬された折、推古天皇より方六町の地を賜り、霊廟守護のために僧坊を置いたのが始まりと言われています。

叡福寺の縁起物・授与品

  • 御朱印帳

    御朱印帳

  • お守り各種

    お守り各種

  • 数珠

    数珠

  • 祈願札

    祈願札

お知らせ

2019/07/05
お知らせホームページを公開しました。