尾長三つ巴 聖徳太子御廟所上ノ太子 叡福寺

聖徳太子の生涯

生まれながらに聡明な聖徳太子は、父の死や内乱を乗り越え、推古天皇の摂政に就任。
仏教思想を基本とする愛民治国の政治を行いました。


聖徳太子の生涯と時代背景

仏教思想を基本とする愛民治国の政治を行い、日本最初の成文憲法である十七条憲法を制定した太子は、
理想とする日本社会形成のため、49年の生涯を捧げ尽くしました

叡福寺所蔵、大正時代に活躍した小早川好古画伯の作品とともに、太子の生涯を紹介します。



御誕生 御孝養 御破邪 御崇祖 御想念
御十七条憲法制定 御講讃 佛教御興隆 遣隋使渡航
甲斐黒駒 御慈愍 薨去 霊告