尾長三つ巴 聖徳太子御廟所上之太子 叡福寺

叡福寺由緒

境内に聖徳太子御廟(磯長廟)を擁する叡福寺は、
四天王寺、法隆寺とならんで、太子信仰の中核となった寺院です。


聖徳太子御廟所 叡福寺縁起

叡福寺境内古地図

太子の御廟がある叡福寺は、
太子建立の四天王寺や、下の太子(大聖勝軍寺)、中の太子(野中寺)とともに、
太子信仰の霊場として栄えました。

聖徳太子自らが廟所として選定された磯長廟(しながびょう)は、大和から二上山を越えて河内に入った丘陵を利用した円墳(高さ7.2m、直径54.3m)で、内部は横穴式石室になっています。周囲は結界石で二重(観音の梵字)(浄土三部経)に取り囲まれています。
叡福寺は石川寺、太子寺、御廟寺とも称され、四天王寺、法隆寺とならんで太子信仰の中核となった寺院で、太子薨去後、推古天皇より方六町の地を賜り、霊廟を守る香華寺として僧坊を置いたのが始まりです。神亀元年(724)には聖武天皇の勅願より七堂伽藍が造営されたと伝わります。
推古30年(622)旧暦2月22日(太陽暦4月11日頃)太子が49歳で薨去された後、前日に亡くなった妃 膳部大郎女(かしわべのおおいらつめ)と、2か月前に亡くなられた母穴穂部間人( あなほのべのはしひと)皇后と共に埋葬され、三骨一廟といわれるようになりました。その思想は、阿弥陀三尊が人間の姿となりこの世に現れ人々を救うという、太子を救世観音の生まれ変わりとする太子信仰の象徴となり、この御廟には太子を敬う空海や親鸞、叡尊、良忍、一遍、證空、日蓮など諸賢聖のほか、名僧が参籠し、日本の大乗仏教の聖地として栄えました。
天正2年(1574)、織田信長の兵火により堂塔の全てを失いましたが、慶長8年(1603)豊臣秀頼により聖霊殿が再建されたのをはじめ、江戸中期にわたって宝塔、金堂などの廟前伽藍が再興されました。
現在も太子に会わんがために善男善女の参詣が絶えることはなく、毎月11日に太子御影供法要が営まれ、毎年4月11日、12日には大乗会式が盛大にとりおこなわれます。
太子廟を中心として周辺には敏達、用明、推古、孝徳天皇陵や小野妹子、大津皇子、源氏三代墓などがあります。

年中行事

修正会 1月1~3日 新年の寿を祝う行事で、除夜の鐘から3日間行われます。修正会とは、過ちを改めて正しきを修すという意味です。
涅槃会 2月15日 釈尊のご入滅を偲び、お徳を讃歎する法要で、近在の子供たちも訪れ、今から2500年前に80年の生涯を終えられたお釈迦様に手を合わせています。
彼岸会 春分の日・秋分の日 この行事は聖徳太子の頃に始まったと言われ、三経義疏にも「彼岸に至る」という言葉が見えます。 ご縁をもたれました皆様の各家先祖供養をお勧めします。
ご供養に関してはこちらをご覧ください。
大乘会法要 4月11・12日 叡福寺最大行事。
太子によって大乘の法が日本に根づくようになったことにより、聖徳太子の薨去された4月11日(旧暦2月22日)に法要を行うようになりました。 大乘会は、河内の名刹寺院や楽人の方々の協力によって法要が進められますが、その間導師は表白・神分を唱え、講読形式で行われます。
4月12日は表千家の家元による献茶、柴灯護摩供、餅まきなどが行われます。
施餓鬼供養 8月13・14・15日 真言陀羅尼の功力によって、苦しむものを救うのが施餓鬼法で、欠かさず参詣すると生涯食物に不自由しないといいます。
聖霊殿太子御影供 毎月11日 11:00~14:00 聖霊殿ご開帳
11時より法要が行われ、どなたでもお参りできます。
厄除弘法大師講 毎月21日 9:00~16:00 弘法大師堂開扉
弘法大師堂で行われる法要で、衆生済度の弘法大師(空海)に精進供が捧げられます。

大乘会法要(会式)

大乘会法要の様子

我国大乗仏教の祖とされ「和」の精神を重んじられた聖徳太子の御忌に因んで行われる法要は、
四天王寺や法隆寺では聖霊会と呼んでいますが、
当寺では大乗の教えに出会う日、大乗会としたものです。

毎年4月11日、12日は、当寺開創聖武天皇さまより千三百年の法灯をつぐ、太子会式の日でございます。
金堂において大法要が厳粛かつ盛大に行われるのをはじめ、表千家家元ご奉仕による献茶式が聖霊殿にて執り行われ、茶会が催されます。
境内では、多くの信者が見守る中、柴燈大護摩供が奉修され、各家各位の諸願成就をご祈念いたします。
両日共、諸堂開扉され、特に金堂内陣に備えられる三組の大膳は太閤秀吉公からの寄進であり、聖徳太子、太子母、太子妃のための類まれなるもので、精進供が豪華に盛り付けられ、その中の三色餅はぜんざいとしてふるまわれます。
聖徳太子様ご宝前にて、世界平和、仏法紹隆祈願の柴灯大護摩供を奉修いたします。それに併せて信徒各家各位の家内安全、交通安全、身体健全、学業成就、商売繁盛などの諸願成就をご祈念いたします。

  • 真言の読経

    聖霊殿を拝した後、太子御廟前にて、各真言を唱えます(4月11日)

  • 柴灯護摩供

    柴灯護摩供(4月12日)

  • おねりの様子

    僧侶・楽人たちのおねり(4月11日)

  • 餅まき行事

    餅まき行事。二天門前で近郷近在から集まった人々や、壇信徒に配られます(4月12日)

大乗会次第

  • 4月11日
    11:00
    一、金堂法要
    一、聖霊殿御法楽
    一、御廟参拝
    一、詠歌奉納(叡福寺詠歌講)
    一、献華(御室流家元奉仕)
  • 4月12日
    11:00
    一、献茶式(表千家家元奉仕)※
    14:00
    一、柴燈大護摩厳修
    一、お餅まき

お茶席券(点心付)ご入用の方は、寺務所までお申し出ください。


送迎バスのご案内

バス乗り場

4月11日、12日の大乗会式中は近鉄上之太子駅北口から叡福寺山門下駐車場までの無料送迎バスを運行しております。
(近鉄喜志駅からの無料送迎バスはございません。ご了承ください。)


祈願料

祈願料

木札イメージ
  • 特別大祈願札

    30,000円以上

  • 大祈願札

    10,000円

  • 中祈願札

    5,000円

  • 普通祈願札

    3,000円

  • 交通安全祈願札

    3,000円

  • 小祈願札

    1,000円

※ 当山指定の申込用紙にて受け付けております。

※ お札を浄書いたしますので、お早めにお申し込みください。

※ 木札はご祈願後、郵送となります。

大御膳供

大乗会式では、聖徳太子とその母、妃のために太閤豊臣秀吉公の寄進による三組の朱塗の大御膳が用意され、お膳方の方々が祈りを込めて生御膳をお供えいたします。

くわい・・・・・・・・・・・・・・・ 様々な苦しみから救われる
こんぶ・・・・・・・・・・・・・・・ 子孫繁栄
うど・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一人いきいきと生きる
ごぼう・にんじん・・・ 人々とまじわる
米(餅・白米)・・・・・・・・・ 健康でよく働く

  • 大御膳御奉納

    一口 1,000円

※ 奉納者氏名をご記入の上お申し込みください。
※ 奉納者名は金堂内にお納めいたします。